×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
便利帳
知ってると便利
 
< 度量衡換算表 >

長さ

インチ = 1/12フィート 2.53990 cm 
フィート = 1/3ヤード 30.4788 cm 
ヤード = 3フィート 91.440 cm 
マイル = 1760ヤード 1.60934 km 
分 = 0.1寸 0.303 cm 
寸 = 0.1尺 3.03 cm 
尺 = 10/33m 30.3 cm 
間 = 6尺 1.8181 m 
里 = 1260間 3.927 km 
海里 = 1.852 km 

 

重さ

カラット= 0.2 g 
オンス = 1/16ポンド 28.3495 g 
ポンド = 453.592 g 
英トン = 2240ポンド 1016.04 kg 
米トン = 2000ポンド 907.185 kg 
厘 = 0.1分 0.0375 g 
分 = 0.1匁 0.375 g 
匁 = 0.001貫 3.75 g 
斤 = 160匁 600 g 
貫 = 15/4kg 3.75 kg 

 

体積

立方インチ = 16.385 cm3 
立方ヤード = 0.7645 m3 
リットル = 1000 cm3 
英ガロン = 4.54609 L 
米ガロン = 3.78541 L 
バレル = 42米ガロン 158.987 L 
勺 = 0.1合 18.039 cm3 
合 = 0.1升 180.39 cm3 
升 = 1803.9 cm3 
斗 = 10升 18039 cm3 
石 = 10斗 0.18039 m3 

 

面積

平方インチ = 6.451 cm2 
平方ヤード = 8361.27 cm2 
平方マイル=640エーカー 2.58992 km2 
アール = 100 m2 
ヘクタール=100アール 10000 m2 
エーカー=4840平方ヤード 4046.78 m2 
平方尺 918.09 m2 
坪 = 36平方尺 3.3057 m2 
畝 = 30坪 99.173 m2 
反 = 10畝 991.73 m2 
町 = 10反 9917 m2 

 

 
< 用紙寸法表 JIS >

 

B 1  728×1030
B 2  515×728
B 3  364×515
B 4  257×364
B 5  182×257
B 6  128×182
B 7  91×128
B 8  64×91
B 9  45×64
B 10  32×45

 

 

A1  594×841
A2  420×594
A3  297×420
A4  210×297
A5  148×210
A6  105×148
A7  74×105
A8  52×74
A9  37×52
A10  26×37

単位mm  

 
<  国民の祝日   >
祝日等名 期日 適用開始年 適用終了年 意義
元日 1月1日 制定時 - 年のはじめを祝う
成人の日 1月15日 1949年
(昭和24年)
1999年
(平成11年)
おとなになつたことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます
1月の第2月曜日 2000年
(平成12年)
-
建国記念の日 政令で定める日
(2月11日)
1967年
(昭和42年)
- 建国をしのび、国を愛する心を養う
春分の日 春分日
(3月20日
~3月21日)
制定時 - 自然をたたえ、生物をいつくしむ
天皇誕生日 4月29日 制定時 1988年
(昭和63年)
天皇の誕生日を祝う
みどりの日 1989年
(平成元年)
2006年
(平成18年)
自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、
豊かな心をはぐくむ
昭和の日 2007年
(平成19年)
- 激動の日々を経て、
復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす
憲法記念日 5月3日 制定時 - 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する
みどりの日 5月4日 2007年
(平成19年)
- 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、
豊かな心をはぐくむ
こどもの日 5月5日 制定時 - こどもの人格を重んじ、
こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する
海の日 7月20日 1996年
(平成8年)
2002年
(平成14年)
海の恩恵に感謝するとともに、
海洋国日本の繁栄を願う
7月の第3月曜日 2003年
(平成15年)
-
敬老の日 9月15日 1966年
(昭和41年)
2002年
(平成14年)
多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、
長寿を祝う
9月の第3月曜日 2003年
(平成15年)
-
秋分の日 秋分日
(9月22日
~9月24日)
制定時 - 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ
体育の日 10月10日 1966年
(昭和41年)
1999年
(平成11年)
スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう
10月の第2月曜日 2000年
(平成12年)
-
文化の日 11月3日 制定時 - 自由と平和を愛し、文化をすすめる
勤労感謝の日 11月23日 制定時 - 勤労をたつとび、生産を祝い、
国民たがいに感謝しあう
天皇誕生日 12月23日 1989年
(平成元年)
- 天皇の誕生日を祝う
(振替休日) (不定) 1973年
(昭和48年)
- -
国民の休日 1988年
(昭和63年)
- その前日及び翌日が「国民の祝日」である平日は、休日とすると定められている
 
<  魚へんの漢字  >

あじ
あゆ
あわび
あんこう
いわし
うなぎ
えび
かつお
かじか
かずのこ
かれい
きす
くじら
いるか
こい
こち
このしろ
ごり
さけ
さわら
さば
さめ

しゃち
すずき
するめ
たい
たら
たこ
どじょう
なまず
にしん
はたはた
はも
はや
ひらめ
ふか
ふな
ぶり
ふぐ
ぼら
まぐろ 
ます 

 
<  日本歴代内閣  >
歴代  名前  ふりがな  在任期間 
次数 
事件/重要事項/備考
           
第1代  伊藤 博文  いとう ひろぶみ  1885-1888 
第1次 
内閣制度発足 初代総理大臣
第2代  黒田 清隆  くろだ きよたか  1888-1889 
大日本帝国憲法発布
第3代  山県 有朋  やまがた ありとも  1899-1891 
第1次 
第1回総選挙実施 教育勅語発布
第4代  松方 正義  まつかた まさよし  1891-1892 
大津事件起きる
第5代  伊藤 博文  いとう ひろぶみ  1892-1896 
第2次 
 日清戦争起こる 下関条約締結
第6代  松方 正義  まつかた まさよし  1896-1898 
第2次 
八幡製鉄所設立(操業は、1901年)
第7代  伊藤 博文  いとう ひろぶみ  1898-1898 
第3次 
-
第8代  大隈 重信  おおくま しげのぶ  1898-1898 
第1次 
隈板内閣の名で呼ばれる
第9代  山県 有朋  やまがた ありとも  1898-1900 
第2次 
義和団の乱が清で起きる 北清事変
第10代  伊藤 博文  いとう ひろぶみ  1900-1901 
第4次 
足尾鉱毒事件発生
第11代  桂 太郎  かつら たろう  1901-1906 
第1次 
日英同盟の締結 日露戦争起こる 
第12代  西園寺 公望  さいおんじ きんもち  1906-1908 
第1次 
-
第13代  桂 太郎  かつら たろう  1908-1911 
第2次 
大逆事件起こる 韓国併合条約締結
第14代  西園寺 公望  さいおんじ きんもち  1911-1912 
第2次 
明治天皇崩御
第15代  桂 太郎  かつら たろう  1912-1913 
第3次 
第1次護憲運動開始
第16代  山本 権兵衛  やまもと ごんべえ  1913-1914 
第1次 
シーメンス事件起こる
第17代  大隈 重信  おおくま しげのぶ  1914-1916 
第2次 
第1次世界大戦勃発 対華21カ条の要求を出す
第18代  寺内 正毅  てらうち まさたけ  1916-1918 
米騒動起きる
第19代  原 敬  はら たかし  1918-1921 
最初の本格的政党内閣 国際連盟に加盟
第20代  高橋 是清  たかはし これきよ  1921-1922 
ワシントン会議が行われる
第21代  加藤 友三郎  かとう ともさぶろう  1922-1923 
関東大震災起こる
第22代  山本 権兵衛  やまもと ごんべえ  1923-1924 
第2次 
-
第23代  清浦 奎吾  きようら けいご  1924-1924 
-
第24代  加藤 高明  かとう たかあき  1924-1926 
普通選挙法の成立 治安維持法成立
第25代  若槻 礼次郎  わかつき れいじろう  1926-1927 
第1次 
大正天皇崩御
第26代  田中 義一  たなか ぎいち  1927-1929 
張作霖爆殺事件起きる
第27代  浜口 雄幸  はまぐち おさち  1929-1931 
ロンドン会議行われる
第28代  若槻 礼次郎  わかつき れいじろう  1931-1931 
第2次 
満州事変勃発
第29代  犬養 毅  いぬかい つよし  1931-1932 
満州国建設 五・一五事件起きる
第30代  斎藤 実  さいとう まこと  1932-1934 
国際連盟脱退
第31代  岡田 啓介  おかだ けいすけ  1934-1936 
二・二六事件起きる
第32代  広田 弘毅  ひろた こうき  1936-1937 
日独防共協定締結
第33代  林 銑十郎  はやし せんじゅうろう  1937-1937 
-
第34代  近衞 文麿  このえ ふみまろ  1937-1939 
第1次 
日中戦争勃発 国家総動員法の発令
第35代  平沼 騏一郎  ひらぬま きいちろう  1939-1939 
ノモンハン事件起きる
第36代  阿部 信行  あべ のぶゆき  1939-1940 
-
第37代  米内 光政  よない みつまさ  1940-1940 
南京政府(日本の傀儡政権)を樹立
第38代  近衞 文麿  このえ ふみまろ  1940-1941 
第2次 
日独伊三国軍事同盟締結 
第39代  近衞 文麿  このえ ふみまろ  1940-1941 
第3次 
日ソ中立条約締結
第40代  東條 英機  とうじょう ひでき  1941-1944 
太平洋戦争はじまる
第41代  小磯 国昭  こいそ くにあき  1944-1945 
-
第42代  鈴木 貫太郎  すずき かんたろう  1945-1945 
広島、長崎に原爆が投下される 終戦
第43代  東久邇宮 稔彦王  ひがしくにのみや なるひこおう  1945-1945 
降伏調印する
第44代  幣原 喜重郎  しではら きじゅうろう  1945-1946 
財閥解体、農地改革、
第45代  吉田 茂  よしだ しげる  1946-1947 
第1次 
日本国憲法の公布
第46代  片山 哲  かたやま てつ  1947-1948 
初の社会主義政党の政権
第47代  芦田 均  あしだ ひとし  1948-1948 
昭和電工事件起こる
第48代  吉田 茂  よしだ しげる  1948-1949 
第2次 
極東軍事裁判行われる
第49代  吉田 茂  よしだ しげる  1949-1952 
第3次 
サンフランシスコ平和条約を締結
第50代  吉田 茂  よしだ しげる  1952-1953 
第4次 
-
第51代  吉田 茂  よしだ しげる  1953-1954 
第5次 
-
第52代  鳩山 一郎  はとやま いちろう  1954-1955 
第1次 
GATTに正式加盟
第53代  鳩山 一郎  はとやま いちろう  1955-1955 
第2次 
55年体制はじまる
第54代  鳩山 一郎  はとやま いちろう  1955-1956 
第3次 
日ソ共同宣言 国際連合に加盟
第55代  石橋 湛山  いしばし たんざん  1956-1957 
-
第56代  岸 信介  きし のぶすけ  1957-1958 
第1次 
新安保条約締結
第57代  岸 信介  きし のぶすけ  1958-1960 
第2次 
-
第58代  池田 勇人  いけだ はやと  1960-1960 
第1次 
所得倍増計画で有名
第59代  池田 勇人  いけだ はやと  1960-1963 
第2次 
-
第60代  池田 勇人  いけだ はやと  1963-1964 
第3次 
東京オリンピック開かれる
第61代  佐藤 栄作  さとう えいさく  1964-1967 
第1次 
日韓基本条約締結
第62代  佐藤 栄作  さとう えいさく  1967-1970 
第2次 
非核三原則を表明 小笠原諸島返還される
第63代  佐藤 栄作  さとう えいさく  1970-1972 
第3次 
沖縄が返還される
第64代  田中 角栄  たなか かくえい  1972-1972 
第1次 
日中共同声明
第65代  田中 角栄  たなか かくえい  1972-1974 
第2次 
-
第66代  三木 武夫  みき たけお  1974-1976 
ロッキード事件発覚
第67代  福田 赳夫  ふくだ たけお  1976-1978 
日中平和友好条約締結
第68代  大平 正芳  おおひら まさよし  1978-1979 
第1次 
-
第69代  大平 正芳  おおひら まさよし  1979-1980 
第2次 
-
第70代  鈴木 善幸  すずき ぜんこう  1980-1982 
参議院選挙に比例代表制を導入
第71代  中曽根 康弘  なかそね やすひろ  1982-1983 
第1次 
-
第72代  中曽根 康弘  なかそね やすひろ  1983-1986 
第2次 
国鉄が民営化される
第73代  中曽根 康弘  なかそね やすひろ  1986-1987 
第3次 
-
第74代  竹下 登  たけした のぼる  1987-1989 
消費税導入 昭和天皇崩御
第75代  宇野 宗佑  うの そうすけ  1989-1989 
-
第76代  海部 俊樹  かいふ としき  1989-1990 
第1次 
湾岸戦争起こる
第77代  海部 俊樹  かいふ としき  1990-1991 
第2次 
-
第78代  宮澤 喜一  みやざわ きいち  1991-1993 
PKO法成立
第79代  細川 護煕  ほそかわ もりひろ  1993-1994 
55年体制の崩壊
第80代  羽田 孜  はた つとむ  1994-1994 
-
第81代  村山 富市  むらやま とみいち  1994-1996 
阪神大震災 地下鉄サリン事件起きる
第82代  橋本 龍太郎  はしもと りゅうたろう  1996-1996 
第1次 
住専処理法成立
第83代  橋本 龍太郎  はしもと りゅうたろう  1996-1998 
第2次 
-
第84代  小渕 恵三  おぶち けいぞう  1998-2000 
国旗・国歌法成立 二千円札の発行
第85代  森 喜朗  もり よしろう  2000-2000 
第1次 
-
第86代  森 喜朗  もり よしろう  2000-2001 
第2次 
-
第87代  小泉 純一郎  こいずみ じゅんいちろう  2001-2003 
第1次 
改革を旗印に登場
第88代  小泉 純一郎  こいずみ じゅんいちろう  2003-2005 
第2次 
イラク派兵を決定
第89代  小泉 純一郎  こいずみ じゅんいちろう  2005-2006 
第3次 
 
第90代  安倍 晋三  あべ しんぞう  2006-2007 
-
 
第91代  福田 康夫  ふくだ やすお  2007-2008 
-
 
第92代  麻生 太郎  あそう たろう  2008-2009 
 
第93代  鳩山由紀夫 はとやま ゆきお  2009-2010 
-
政権交代
第94代  菅 直人  かん なおと  2010-2011
-
東日本大震災、福島原発事故が起こる
第95代  野田 佳彦 のだ よしひこ 2011~  
 
 
< 自動車ナンバー分類 >

普通貨物自動車 100~199
普通乗合自動車 200~299
普通乗用自動車 300~399
小型貨物自動車 400~499、600~699
小型乗用自動車 500~599、700~799
特殊用途自動車 800~899
大型特殊自動車 900~999
大型特殊自動車
のうち建設機械 000~099


自家用 さすせそ、た~と、な~の、はひふほ、ま~も、やゆらりるろ
外国人用 EHKMYよ
レンタカー用 われ
事業用 あいうえ、か~こ、を

北海道    札幌 函館 帯広 室蘭 釧路 旭川 北見
青森県    青森 八戸          
秋田県    秋田            
山形県    山形 庄内          
岩手県    岩手            
宮城県    宮城 仙台           
福島県    福島 いわき 会津           
東京都    品川 練馬 足立 多摩 八王子    
神奈川県  横浜 川崎 相模 湘南      
千葉県    千葉 習志野 袖ヶ浦 野田 柏
 成田      
埼玉県    大宮 春日部 所沢 熊谷 川越    
茨城県    水戸 土浦  つくば         
栃木県    栃木 とちぎ うつのみや 那須       
群馬県    群馬 高崎            
山梨県    山梨            
新潟県    新潟 長岡          
石川県    石川 金沢           
富山県    富山            
福井県    福井            
長野県    長野 松本 諏訪         
岐阜県    岐阜 飛騨          
静岡県    静岡 沼津 浜松 伊豆       
愛知県    名古屋 尾張小牧 三河 豊橋 一宮 岡崎 豊田   
大阪府    大阪 なにわ 和泉 堺       
京都府    京都            
兵庫県    神戸 姫路          
滋賀県    滋賀            
三重県    三重 鈴鹿           
奈良県    奈良            
和歌山県  和歌山            
岡山県    岡山 倉敷           
鳥取県    鳥取            
広島県    広島 福山          
島根県    島根            
山口県    山口 下関           
徳島県    徳島            
香川県    香川            
愛媛県    愛媛            
高知県    高知            
福岡県    福岡 北九州 筑豊 久留米      
佐賀県    佐賀            
長崎県    長崎 佐世保          
熊本県    熊本            
大分県    大分            
宮崎県    宮崎

沖縄県    沖縄

   

 
< 日本旧国名 >

 

国名  読み  略号  読み  都道府県名 
東山道
陸奥  むつ  奥州  おうしゅう  青森・岩手・宮城・福島 
出羽  では  羽州  うしゅう  秋田・山形 
下野  しもつけ  野州  やしゅう  栃木 
上野  かうづけ  上州  じょうしゅう  群馬 
信濃  しなの  信州  しんしゅう  長野 
飛騨  ひだ  飛州  ひしゅう  岐阜(北部) 
美濃  みの  濃州  のうしゅう  岐阜(南部) 
近江  おうみ  江州  ごうしゅう  滋賀 
東海道
常陸  ひたち  常州  じょうしゅう  茨城(中部・東部) 
下総  しもふさ  総州  そうしゅう  千葉(北部)・茨城(西部) 
上総  かずさ  総州  そうしゅう  千葉(中部) 
安房  あわ  房州  ぼうしゅう  千葉(南部) 
武蔵  むさし  武州  ぶしゅう  埼玉・東京・神奈川(東部) 
相模  さがみ  相州  そうしゅう  神奈川(中部・西部) 
甲斐  かい  甲州  こうしゅう  山梨 
伊豆  いず  豆州  ずしゅう  静岡(伊豆半島) 
駿河  するが  駿州  すんしゅう  静岡(中部) 
遠江  とおとうみ  遠州  えんしゅう  静岡(西部) 
三河  みかわ  三州  さんしゅう  愛知(東部) 
尾張  おわり  尾州  びしゅう  愛知(西部) 
伊勢  いせ  勢州  せいしゅう  三重(北部・中部) 
志摩  しま  志州  ししゅう  三重(志摩半島) 
伊賀  いが  伊州  いしゅう  三重(中西部) 
北陸道
越後  えちご  越州  えっしゅう  新潟(佐渡島を除く) 
佐渡  さど  佐州  さしゅう  新潟(佐渡島) 
越中  えっちゅう  越州  えっしゅう  富山 
加賀  かが  加州  かしゅう  石川(南部) 
能登  のと  能州  のうしゅう  石川(北部) 
越前  えちぜん  越州  えっしゅう  福井(北部) 
若狭  わかさ  若州  じゃくしゅう  福井(南部) 
畿内
山城  やましろ  城州  じょうしゅう  京都(南部) 
摂津  せっつ  摂州  せっしゅう  大阪(北西部)・兵庫(南東部) 
河内  かわち  河州  かしゅう  大阪(東部) 
和泉  いずみ  泉州  せんしゅう  大阪(南西部) 
大和  やまと  和州  わしゅう  奈良 
山陰道
丹後  たんご  丹州  たんしゅう  京都(北部) 
丹波  たんば  丹州  たんしゅう  京都(中部)・兵庫(中東部) 
但馬  たじま  但州  たんしゅう  兵庫(北部) 
因幡  いなば  因州  いんしゅう  鳥取(東部) 
伯耆  ほうき  伯州  はくしゅう  鳥取(西部) 
出雲  いずも  雲州  うんしゅう  島根(東部) 
石見  いわみ  石州  せきしゅう  島根(西部) 
隠岐  おき  隠州  いんしゅう  島根(隠岐) 
山陽道
播磨  はりま  播州  ばんしゅう  兵庫(南西部) 
美作  みまさか  作州  さくしゅう  岡山(北部) 
備前  びぜん  備州  びしゅう  岡山(南東部) 
備中  びっちゅう  備州  びしゅう  岡山(西部) 
備後  びんご  備州  びしゅう  広島(東部) 
安芸  あき  芸州  げいしゅう  広島(西部) 
周防  すおう  防州  ぼうしゅう  山口(東部) 
長門  ながと  長州  ちょうしゅう  山口(北西部) 
南海道
紀伊  きい  紀州  きしゅう  和歌山・三重(南部) 
淡路  あわじ  淡州  たんしゅう  兵庫(淡路島) 
讃岐  さぬき  讃州  さんしゅう  香川 
伊予  いよ  予州  よしゅう  愛媛 
阿波  あわ  阿州  あしゅう  徳島 
土佐  とさ  土州  としゅう  高知 
西海道
筑前  ちくぜん  筑州  ちくしゅう  福岡(北西部) 
筑後  ちくご  筑州  ちくしゅう  福岡(南部) 
豊前  ぶぜん  豊州  ほうしゅう  福岡(東部)・大分(北部) 
豊後  ぶんご  豊州  ほうしゅう  大分(中南部) 
肥前  ひぜん  肥州  ひしゅう  佐賀・長崎 
肥後  ひご  肥州  ひしゅう  熊本 
日向  ひゅうが  日州  にっしゅう  宮崎 
大隅  おおすみ        鹿児島(東部・島嶼部) 
薩摩  さつま  薩州  さっしゅう  鹿児島(西部) 
対馬  つしま  対州  たいしゅう  長崎(対馬) 
壱岐  いき  壱州  いっしゅう  長崎(壱岐) 
琉球  りゅうきゅう        沖縄 

 
 <ローマ数字と漢数字 > 
アラビア数字 
ローマ数字
アラビア数字 
ローマ数字
0
なし
30
XXX
1
I
40
XL
2
II
50
L
3
III
60
LX
4
IV or IIII
70
LXX
5
V
80
LXXX
6
VI
90
XC
7
VII
100
C
8
VIII
200
CC
9
IX or VIIII
300
CCC
10
X
400
CD
11
XI
500
D
12
XII
600
DC
13
XIII
700
DCC
14
XIV or XIIII
800
DCCC
15
XV
900
CM
16
XVI
1000
M
17
XVII
2000
MM
18
XVIII
3000
MMM
19
XIX or XVIIII
20
XX
21
XXI
アラビア数字  漢数字  日本の大字  中国の大字
    現  旧  簡体字  繁体字
0 〇    零   
1 一  壱  壹   
2 二  弐  貮、貳   
3 三  参  參   
4 四    肆   
5 五  (伍)  伍   
6 六    陸   
7 七    柒、漆、質 柒  柒、漆
8 八    捌   
9 九    玖   
10 十  拾  拾   
20 廿  弐拾  貳拾   
100 百    陌、佰   
1000 千    阡、仟   
10000 万  (萬)  萬